アーカイブ | 7月 2016

  • 花粉症と発作とにんにくについて

    花粉症の朝の発作というと、何やら穏やかな雰囲気ではありません。しかし朝の発作というのはモーニングアタックのことであり、朝から花粉の症状が炸裂して出ていることです。朝から花粉の症状が出ていて、それを発作と捉え、モーニングアタックというわけです。清々しいはずの朝目覚めてから、くしゃみや鼻水の花粉症状が、日中よりももっと強烈に症状として出てしまうのです。 朝の目覚めから辛い花粉の症状を出さないために、就寝時にはマスクをして寝るのも対策になります。寝ている間にたくさん花粉を吸い込めば、起きた時にもくしゃみなどを、それだけしやすくなるからです。室内には空気洗浄機をおいたり、加湿器で潤いを室内に満たすのも良いでしょう。日頃から部屋の掃除をして、室内を清潔に維持することも必要です。フローリングの床は水ぶきをして、さらに2回くらい拭いておくとよいでしょう。寝具も清潔が第一ですから、選択をしたクリーンなシーツなどを使うことです。 花粉症には、にんにくも効果的に働いてくれます。ビタミンB1も含んでいるにんにくのビタミンB群は、皮膚や粘膜、あらゆる組織のダメージに対して、積極的に修復を働きかけてくれます。新陳代謝も促進させる作用もあります。花粉で辛くなる鼻の症状に対しても、鼻粘膜を強化したり売ることになります。花粉のアレルギー反応も抑制してくれるので、にんにくのおかげで結果的には、アレルギーや花粉症にも効果を発揮することになります。NK細胞も含むにんにくですから、アレルギーに対しての免疫反応は、活性化によって抑制されます。IgE抗体の産生にたいしても、抑制の効果も発揮してくれますから、花粉症の症状は次第に談話されていくことになります。