アーカイブ | 10月 2016

  • 花粉症と大麦とコラーゲンについて

    花粉症対策のために、鮮やかなグリーンの青汁を、毎日飲んでいる人もいるでしょう。青汁に使われているのは、大麦若葉やケースが主原料です。大麦はビタミンや葉酸、食物繊維やカルシウム、カテキンやマグネシウムなど、あらゆる栄養素を含んでいます。キャベツと比べたら、食物繊維は15倍はありますし、牛乳と比較するとカルシウムは10倍もあります。近年何かと注目の栄養成分である葉酸が、緑黄色野菜のブロッコリーよりも大麦の方が5倍も多く含まれていて、優秀な栄養素の宝庫です。 若々しさをキープするために美肌にも役立つのが、コラーゲンの存在です。美肌効果だけではなく、コラーゲンは花粉症やアレルギー鼻炎にも効果を発揮してくれます。鼻へのアレルギー症状を発症したら、それはアレルギー性鼻炎となります。檜花粉やスギ花粉で起こるアレルギー疾患であり、こうした症状を軽減するにも、コラーゲンが大活躍をしてくれます。花粉症を治すには、基本的な体質の改善が不可欠であり、そのお助けアイテムになるのがコラーゲンの成分でもあります。 血液中の白血球が、さまざまなアレルギー疾患とも関連しています。白血球に作用することのできるコラーゲンは、摂取によって体内の免疫機能を改善するこころ強いサポートになります。アレルギー症状の一つであるアトピー性皮膚炎を解消していくためにも良い英文です。基本的に全身のお肌を乾燥させにことが重要なので、日々コラーゲンを摂取していくことで、辛い症状は良い方向へと向かいやすくなります。 健康方面にもこころ強い成分であり、動脈硬化を防いだり、物忘れの防止にもなりますし、がん予防にも良いと言われています。花粉症対策をはじめとした健康と、美容にも良いのがコラーゲンです。